【超初心者向け】Unityで脱出ゲームを作ろう!第1回「ビルド設定、シーン保存」

【超初心者向け】Unityで脱出ゲームを作ろう!第1回「ビルド設定、シーン保存」
さて今回はUnityを使用して「脱出ゲーム」を作ってみましょう。
今回制作するアプリは下記になります。(Androidのみ)
動画でも制作方法を公開していますので是非ご覧ください。
アプリ名:地下31階からの謎解き脱出ゲーム
対象:Android
アプリダウンロードはこちら(Androidのみ):
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.hide.Escape_Game2


まずは脱出ゲームに必要な画像を用意します。用意する画像は、壁や部屋の家具、脱出に必要なアイテムなど作成します。
イエモン「おいらは画像作るのが面倒くさいので、フリーの画像を使っちゃいます!」
画像の用意が出来たら、Unityを起動します。「New」をクリックし、「Project name」を入力します。「Template」は2Dを選択し、「Create project」をクリックします。
続いてビルドの設定をしましょう。 UnityメニューのFileから「Build Settings」をクリックします。
イエモン「仮面ライダービルドじゃないよ!」
今回はAndroidアプリの制作になりますので、「Platform」より「Android」を選択します。 選択したら右下の「Switch Platform」をクリックします。クリックしたらこの画面はXで閉じてください。
続いてGameの画面サイズを設定します。 真ん中上部のGameを選択し、「1280×720 Portrait(720×1280)」をクリックします。このGame画面は実際のアプリでの画面となります。ちゃんと作動しているかここでチェックします。
次に「Project」にて、制作しやすいように種類別のフォルダを作ります。「Assets」で右クリックし、「Create」→「Folder」をクリックします。
新規フォルダ作成に名前をつけましょう。「Resouces」と「Scripts」それぞれ2つ作成します。
「Resouces」フォルダにさらに「Images」フォルダを作成し、画像を置きましょう。最初に準備した画像をクリック&ドロップで設置します。
イエモン「おいらヒップドロップは得意です!」
続いてシーンを保存しましょう。Unityメニューの「File」から「Save AS…」をクリックします。
ファイルの保存場所は「Assets」→「Scenes」の中に保存します。保存名は「TitleScenes」としましょう。
さて本日はここまでにしましょう。次回はタイトル画面でスタートボタンの設置方法を解説します。家田君ここまで分かったかな?
イエモン「はい。わかりまちたー。」
【脱出ゲームを作ろう! 目次】